耐震等級とは

住宅を購入する際は間取りや設備を重視される方も多いですが、耐震性能を気にされる方も多くいらっしゃいます。
住宅の耐震性能は耐震等級で判断することが可能となっています。こちらでその耐震等級についてご紹介します。

耐震の基礎知識

地震が多い国でもある日本では耐震という言葉を耳にする機会が多く、住宅を建てたことがない方もご存知の方がほとんどです。耐震性能は地震に耐える為の能力を指しており、耐震等級の場合は地震に耐える等級を指しています。
また、地震に対する考え方として耐震以外にも、制振と免震の2つがあります。

制振は耐震と異なり、地震の揺れに合わせて建物を揺らす考え方です。地震の揺れに合わせることによって地震の揺れを感じにくくさせますが、2階以上の階層にだけ効果が反映されます。免震は建物に地震の揺れを与えないようにする為の考え方であり、建物と住宅内の安全性を向上させることができます。

耐震等級の種類について

耐震等級は1から3まであり、それぞれ基準が異なっています。耐震等級が1の場合は建築基準法で定められた建物と同様の耐震性能を持っており、耐震等級が2の場合は耐震等級1よりも約1.25倍の耐震性能を持っています。
耐震等級が3の場合は耐震等級1よりも約1.5倍の耐震性能を持っており、耐震等級が3であれば地震に対して強い住宅と判断することができます。

耐震等級は自由に決められる

耐震性能を分かりやすく施主に伝える為に耐震等級を表示しているのですが、住宅を購入する際は耐震等級を自由に選択することが可能です。例えば、建築会社が耐震等級2の施工を行っていたとしても、施主側から耐震等級の希望を伝えることで、耐震等級を変更することが可能になります。その為、耐震等級の違いを理解しておけば、安心できる住宅を建てることができるようになるのです。

埼玉県さいたま市にある当社では住宅の新築工事や増築工事、改修工事や耐震工事といった建築工事一式を行っています。また、オフィスビルの内装工事も行っており、什器や建具、備品の工事や設置作業といった内装工事もお任せください。さいたま市では数多くの施工実績がありますので、建築工事や内装工事を検討されている方は、ぜひご利用ください。