増築を成功させるポイント

建物の構造を大きく変更する工事が改築工事であり、床面積を広げる工事が増築工事です。
そんな改築工事と増築工事を組み合わせた工事が、増改築リフォームになります。生活環境の変化などから、増築を検討される方は多くいらっしゃるでしょう。こちらでは、そんな増築を成功させるためのポイントについてご紹介します。

法令制限に注意する

増築工事では、容積率や建ぺい率、高さなどが変更されることがあります。しかし、これらの項目には法令制限が設けられています。10平米以下の増改築であれば、基本的に建築確認申請を行う必要はありません。
ただし、防火地域や準防火地域に設定されているのなら、1平米の増築であっても建築確認申請を行う必要があります。

都心部の場合、ほとんどが防火規制になっている可能性が高く、郊外でも規制対象になっているケースが少なくありません。また、模様替えや修繕の規模が大きい場合に関しても、建築確認申請が必要です。
建築確認申請をする際には、申請手数料や作成代金も必要になりますので、増築をされる前に必ず工事業者へ確認しておくことをおすすめします。

安心できる工事業者を選ぶ

増改築を行う際には、住宅の一部を壊して行うことになります。増改築によって耐震のバランスが乱れてしまうと、地震で倒壊するおそれもありますので耐震チェックは必ず行っておきましょう。
また、住宅全体を補強しなければ耐震性能は向上しません。増改築した部分だけを補強したとしても、耐震バランスは整わないのです。改築を依頼されるのであれば、耐震工事をしっかりと行ってくれる工事業者を選ぶことが大切です。

コストを抑える工夫をする

大規模な増築であればあるほど、費用が気になると思います。コストを抑えるためには、他の工事と一緒に増築を依頼するなどの工夫を凝らすことが大切です。ただし、あまりにもコストを抑えることに注目しすぎると、質や機能性などの面でコストを補うことになりかねませんので注意が必要になります。増築を検討されているのなら、上記のポイントをぜひお役立てください。

埼玉で新築工事や増築工事などの建築工事を検討されている方は、当社へご依頼ください。
住宅の新築工事や増築工事だけでなく、オフィスや工場の新築工事、増築工事にも対応しています。
また、耐震工事や改修工事、内装工事や土木工事なども行っています。