ガレージの形状・大きさについて

ガレージには様々な形状・大きさがあります。
新築工事を行う際に建築物を細かく設計するように、ガレージも用途に合わせて設計することで、大切な車やトラックを効率よく保管することができるようになります。こちらではガレージの形状・大きさについてご紹介いたします。

形状

シャッタータイプ

ガレージの出入り口にシャッターを取り付けることで、保管の安全性を高めることができます。
車に強いこだわりをお持ちの方や車のメンテナンス用品も一緒に保管したいという方には、シャッターを取り付けたタイプのガレージがおすすめです。

オープンタイプ

シャッターを取り付けないオープンタイプのガレージは車を出す際にシャッターの開閉を行う必要がないので、開放感があり自由に出入りすることができます。複数の車を所有されている方や工事関係者の方にはおすすめの形です。

大きさ

連続可能型

複数の車を所有されている場合は、大型の連続可能型が最適です。大型のガレージを施工する余裕がある敷地であれば、横幅だけでなく、高さにもゆとりを持つと車のメンテナンスもガレージ内で行えるようになります。
これから所有する車が増えるご予定のある方も連続可能型ガレージを選ばれると良いでしょう。

独立型

所有している車が一台の場合や、敷地が狭い場合は独立型のガレージがおすすめです。
空間にある程度のゆとりを持つことで、趣味を楽しめる一部屋になります。
車の台数に合った大きさを考慮することで、費用を最小限に抑えることに繋がります。

当社は、川口市を含む埼玉県・東京に密着した工事のご依頼を承っております。
新築工事・増築工事、内装工事、改修工事、耐震工事といった土木工事全般のご依頼を承っております。
こちらでご紹介したガレージの施工も行っていますので、お客様に最適な形状をご提案することも可能です。
川口市を含む埼玉・東京で新築工事やガレージ施工など鉄骨工事のことなら当社にお任せください。