地震に強い建物を

住宅や工場、オフィスビルをはじめ、たくさんの人が集まるショッピングセンターなどの建築物を新しく建てる場合は、耐震性に優れた設計を取り入れることが大切です。これから新築工事を行うご予定のある方はもちろん、増築工事のご予定がある方、建築物に不安な点があるという方は、補強計画を立てて地震に強い建物を建築しましょう。

耐震性が重要視されるようになった理由

日本では1995年に阪神・淡路大震災、2004年に新潟県中越地震、2011年に東日本大震災と大規模な地震が発生しました。この中でも阪神・淡路大震災では、木造家屋が密集した住宅街の被害が大きく、たくさんの命が奪われたのです。1981年に改正された建築基準法に従って建築されたビルや超高層建築物への被害がほとんどなかったことから、建築物の耐震性が重要であることが多くの方に伝わり、建築物の設計が重要視されるようになりました。

地震に強い建物の特徴

「地震に強い建物」というと、どんな建物をイメージされますか?「私の家は新築だから大丈夫」と考えられている方も、本当に地震に強い家と言い切ることができるでしょうか。地震に強い建物の特徴として、シンプルな設計であることが挙げられます。デザイン性の高い複雑な設計を施している建物は安定性が低く、揺れに耐えることができません。
一方、安定性のあるシンプルな設計の建築物であれば、建物にかかる負担をバランス良く受けることができ、揺れに耐えられるということです。

埼玉県にある当社で耐震工事

埼玉県で鉄骨工事をご検討されている方は、埼玉県さいたま市にある当社にご相談ください。
当社では新築工事や内装工事、土木工事だけでなく改修工事や耐震工事も行っています。
これまでに工場やお寺の施工実績もあります。誰にも予測することができない災害に備えるためにも、まずは耐震診断から始めてみてはいかがでしょうか。