住宅施工事例

重量鉄骨の家で理想をかなえます

重量鉄骨の注文住宅で自由に家をデザインして理想をかなえましょう!

鉄骨住宅のメリット

鉄骨は木材より強度が高く、不燃材料の為、火事に強い特性があります。
地震などに対しても木造に比べ安全。
骨組みは錆の問題がなければ100年以上保つので長い目で見た場合は経済的です。

坂本鉄工建設のこだわり

・一級建築士による家づくり

弊社の家づくりは、一級建築士の資格を持つ代表が担当。お問い合わせの対応から、お打ち合わせ、設計・施工・監理・お引き渡しまで、家づくりの最初から最後まで責任持って対応いたします。また、新築工事だけでなく、その後のリフォームにも対応していますので、何かありましたらいつでもご連絡ください。

・ご家族の夢をかなえる自由設計

注文住宅とひとくちに言っても、実際には複数のプランから選択する「セミオーダー」方式を採用している業者もいるようです。一方、弊社はイチからつくる「オーダーメイド」方式を採用。お客様のライフスタイルや将来設計、家族構成の変化を見据えて、ご家族みなさんが快適に気持ちよく過ごせる住まいづくりをお約束します。

・直請けならではのリーズナブルな施工

大手企業は、下請け・孫請けを使用していることがほとんど。そのため中間マージンが発生し、トータルコストがかさみがちです。一方、当社は下請けを使わずすべて自社で一貫して対応しています。直請けならではのリーズナブルな家づくりを行っていますので、予算が心配な方もあきらめずお気軽にご相談ください。

施工実績

ALCだから実現できた理想の狭小住宅

概要 間口たった2間、壁芯3.5Mの商業地に建てた狭小住宅です。このような商業地の狭小住宅では、防音性能、耐火性能、耐震性能などが求められるため、ALC重量鉄骨造が非常に適しています。
施工のポイント 限られたスペースの中で住宅としての高い機能を持たせ、建物内部はむきだしの鉄骨構造を見せる事で、重量鉄骨住宅ならではのデザイン性や「おもしろさ」も合わせて持たせることができました。

画像をクリックすると拡大表示します。

図面
外観

鉄骨鉄筋コンクリート造の建物は少々無骨なイメージがあるため、ダークグレーに塗装し、スタイリッシュな外観に仕上げました。

玄関

玄関のドアのカラーリングを白黒のツートンカラーで塗装し、シンプルでモダンな印象に仕上げました。ドアは防音・遮音設計、鍵はタッチパネル式のデジタルキーを採用し、ICカードを近づけるだけで解錠することも可能です。なお、ドアはリモコン対応のため、たとえばリビングから遠隔操作で解錠することもできます。

玄関ホール

玄関ホールには、ホワイトの鏡面タイルを採用しました。なお、玄関の段差には框を用いず、白で統一することで玄関を広く見せることができます。玄関の天井は、デッキプレートのあらわしを白く塗装することで、天井高を30センチ以上上げることができ、開放感が出ます。横の収納扉は、取っ手がない折戸となっていて壁面と一体になっているため、非常にスッキリとしています。玄関横の黒いボックスは、キーケースです。

2階洋室

玄関の正面の扉を開けると2階洋室です。5.5帖の部屋はダブルベッドを1つ置き、来客用に使われるそうです。なお、ベッド脇には横になった照明を消せるよう、3路スイッチが取り付けてあります。大きな部屋ではないので、クローゼットには扉は付けていません。

2階階段

2階の階段は圧迫感がでないように壁を作らず、手すりを細くて丸み帯びたデザインに仕上げています。
塗装は白のウレタンを使用しました。

3階リビングスイッチ

階段をあがりきったところに、電源スイッチを設置。上からインターホンモニター、真中左は階段のスイッチ(4路スイッチになっていて、2~4階のどこでもオンオフができます)、真中右は玄関のオートロックの解錠スイッチ(リモコン式です)、下はパナソニックのリビングライコンでリビングやキッチンの明かりをシーンごとに設定できます。

3階LDK

全部で約20帖弱のLDKです。広い家でなくても、重量鉄骨造なら間仕切りをなくし、開放的なLDKを作ることができます。リビングの天井高は320センチ、ダイニングの天井高は275センチ、キッチンの天井高は240センチです。ダイニングの天井高は、構造上はキッチンと同じ240センチとなるのですが、梁を型枠として出し、デッキプレートのあらわしのホワイトで塗装することで、275センチとしています。そのため、間口が狭くても、とても広々とした空間になりました。
テレビボードは、施主様の持っている機材に合わせて造作したため、ピッタリと収まっています。また、設計時に購入するソファーなどが決まっていたため、ソファーもローボードと柱の間にピッタリと収まっています。

3階洗面

洗面台は120センチの大型のものを設置。収納場所に困るドライヤーは、壁付けとし、洗面台の右側にはガラス棚を設置しています。棚の最下段にはゴミ投入口があり、下にはゴミ箱が設置されています。洗面室は、ホテルライクな空間となっています。

3階ユニットバス

真っ白なユニットバスに窓が付いているだけのシンプルなバスですが、とても気持ちいい空間となっています。

3階階段

2階の階段の上のスペースに階段を設けて、可能なかぎりコンパクトにしました。螺旋階段と同じアイディアですが、手すりを付けて安全性を高め、狭い敷地を有効に活用する事が実現できました。また、階段はオープン階段として、4階の陽光や照明光が階下を照らせるようにしました。
3階のテレビボードと、階段の踏み板は、同じブラックウォールナットで仕上げています。さらに、3階のダイニングテーブルや、4階のフローリングもブラックウォールナットとして、全体に統一感を出しています。

4階トイレ

トイレはコンクリート調のクロスと、アイアンのタオルハンガーとトイレットペーパーホルダーなどで落ち着いた雰囲気にまとめています。

4階洋室

主寝室兼書斎です。無垢のブラックウォールナットのフローリングを使用し、落ち着いた雰囲気を演出しています。ベッドは造作ではなく、あらかじめIKEA製ベッドを採寸し、ちょうど収まるように設計しました。背面はちょっと変わった木目調のタイル仕上げとしています。ベッドボードには、部屋のすべての明かりがコントロールできるようにスイッチがついています。

4階屋上

3階のリビングの一部高天井となっている上が、屋上となっています。6畳程度ですが、開放的な屋上です。