鉄骨工事を依頼する前に!

鉄骨工事トラブル事例

意外と起こっている鉄骨工事のトラブル。トラブルに見舞われないためにも、まずはどのようなトラブルが起きやすいのかを知ることからはじめましょう。以下では気をつけていただきたいトラブルをご紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

トラブル1.見積もりに納得がいかない

大手企業に見積もりを出してもらったところ、思っていた以上に高額でした。さらに施工後に追加のコストまでかかってしまい、予算をかなりオーバーしてしまいました。施工品質などは納得のいくものでしたが、ちょっと高すぎでした……。

坂本鉄工建設より

大手企業の場合、どうしても必要経費がかさみ、中間マージンも増えて、無駄なコストがかかってしまっているのです。

当社では企画・設計・施工・施工監理といった工事にかかわるあらゆる業務を各業者と連系して行うことで無駄なルートを省いているため、無駄な中間マージンは少く、高い施工品質を保ちながらもコストを抑えることができます。

トラブル2.業者間での連携ミスで時間がかかった

工事の規模が大きかったため、複数の業者で連携をとって進めてもらいましたが、うまく連携がとれていなかったため手戻り工事が発生しました。もともと急ぎで依頼していたのに、かなり遅れてしまいました……。

坂本鉄工建設より

考えられる原因としては、その業者の大規模案件に対する経験不足が挙げられます。連携ミスを防いで無駄をなくすためには、事前にその案件と同様の規模の施工実績があるかどうかを確認しておくことが大切です。

当社では、大規模施設の施工実績も多数持っています。工事の規模にかかわらず、お気軽にご相談ください。

トラブル3.施工品質が低すぎる

相見積もりをとって一番安い業者に発注したものの、話にならないほど施工品質が低くて再度工事が必要になりました。しかも、改善要望を出しても動きが悪く、予定していた期間を大きくオーバーされてしまいました。

坂本鉄工建設より

残念ながら、技術力の低い業者や経費削減のために大きく工程を省いて品質の低いものに仕上げてしまう業者もいるのが事実です。安さも業者選びのポイントのひとつではありますが、失敗を防ぐためにも施工品質も確認しておきましょう。

工事は管理する人に影響を受けます。弊社代表も管理しおりますので、ご安心下さい。